保育園の看護師求人のマル秘話

保育園の良し悪しの見極め方

看護士の中には、保育園で働く人もいますね。

 

でもやはり、保育園でメインで働いているのは、保育士です。

 

では、保育園で働く看護士はどのような仕事をしているのか、気になりますよね。

 

保育園で働く看護士は、園児やそこで働くスタッフが毎日元気に園生活を送れるように、健康管理を行ったり、保育園のような小さな子供が集まる場所では感染症はすぐに広まりますので、感染症予防を行う事が仕事となります。

 

ですので、保育士とは少しポジションが異なりますね。

 

保育園は病院と同じく女性の多い職場ですので、スタッフ間でのトラブルはつきものでしょう。

 

立ち位置が違っていてもお互いに協力しする事ができる職場が理想ですが、非協力的であったり仲間外れにされるようであれば、あまり待遇の良い職場とは言えませんね。

 

 

 

 

看護士が保育園で働きたいと考える時、しっかりとチェックしておいた方が良い事はどんな事があるでしょうか。

 

保育園でスタッフは保育士だけではありません。調理師や栄養士、事務スタッフもいるでしょう。

 

そのような、メインではないスタッフも生き生きと楽しそうに働く事ができているか、という所が大切なチェックポイントとなります。

 

メインスタッフである保育士以外のスタッフの待遇が重要視されていない職場であれば、看護師の待遇についても多くは期待できないでしょう。

 

同じ職場で働くスタッフ全員が楽しく働いていれば、看護師の待遇についても期待ができるでしょう。

 

職場見学が可能であれば、積極的に参加させてもらい、職場の雰囲気やスタッフの働いている様子を実際に確認しておいた方が、後から後悔しなくて良いでしょう。

 

 

 

■保育園は何種類ある?

 

 

 

日本国内における保育園は大きく分けると認可保育園と認可外保育園に分けられます。

 

最近では、女性の社会進出が進んでいるので、認可保育園だけでは保育施設が足りていないのが現状ですよね。

 

ですから、平成27年度からは保育園と幼稚園の機能を持ち合わせた認定こども園という施設もありますし、都市部では託児所や認証保育園などもあります。

 

少し特殊な施設としては、一時的な病気の子供でも預かる事ができる病児保育所もありますよね。

 

保育園で働きたいと考える看護師にとって、保育施設がたくさんある事は嬉しい事ですね。

 

でも、職場によって勤務条件や待遇が異なってきますので、事前にしっかりと確認をする必要があります。

 

 

 

 

認可保育園と認可外保育園の違いとしては、国が定めた認可基準をクリアしていて、都道府県知事に認可された施設であるかどうか、という事です。

 

ですので、認可保育園は規模も大きく、施設も整っている保育園が多いのです。

 

施設が大きいという事は看護師も配置されていて、求人募集されている可能性も高いという事ですね。

 

また、認可保育園の経営母体は、自治体や社会福祉法人となりますので、経営も安定していると言えるでしょう。

 

経営が安定していれば、給料などの待遇も安定していると考えられますので、安心して働く事ができるでしょう。

 

 

 

■こんな保育園もあります

 

 

 

認可保育園は規模は大きいですが、数はとても少ないのです。

 

ですから、認可保育園の受け皿として設立されているのが認可外保育園となります。

 

こちらは、自治体の認可を受けていませんので、規模や施設の充実度はそれぞれの園によって様々です。

 

小さな保育園では、働くスタッフの人数も少なくなりますので、看護師として採用されたとしても、保育士とともに保育業務に携わる事もあるでしょう。

 

そのように聞くと、認可外保育園で働く事に不安を感じる方もおられるかもしれませんね。

 

しかし、中には設備の整った大きな保育園もあるんですよ。

 

看護師を採用し、付加価値を高くしようと考える保育園もあるんですよ。

 

そのような保育園では運営なども独自のスタイルが確立されていて、待遇も安定している施設が多いようです。

 

 

 

 

認定こども園は、幼稚園と保育園の両方の機能を持ち合わせた保育園です。

 

元々が幼稚園だったのか、保育園だったのかにより、考え方も異なっているようですが、こちらは平成27年度に始まったばかりなので、それぞれの園でもまだ色々な事が手探りの状態なので、看護師がどのような立ち位置になるのか、どのような待遇になるのかと言った事のはっきりした情報は出ていません。

 

病児保育については、熱や感染病などにかかったものの、保護者が仕事の為家庭で看護できない場合に利用する施設となります。

 

主に病院に付属して設立している事が多い施設となります。

 

 

 

■保育園で働く看護師と保育士に区別はある?

 

 

 

看護師が保育園に勤務する場合、施設によっては保育士と同じように保育業務に携わる事もありますよね。

 

でも保育園で保育の仕事を行うメインスタッフは保育士ですので、同じように仕事がこなせないのは当然なのです。

 

看護師が看護従事者として、これまで専門の勉強を行ってきたのと同じく、保育士も保育に関わる専門の勉強を行って保育士になったのです。

 

ですから、同じ職場に勤務しているとしても、保育士と看護師の仕事は異なっていて当然なのですよ。

 

では、具体的に保育士はどのような仕事を行うのか、保育園に勤務する看護師は、どのような役割を持つのか詳しく調べてみましょう。

 

 

 

保育士とはどのような仕事なのかというと、「保育所などの児童福祉施設で、保護者に代わって子どもの保育をする子育ての専門家」であり、児童福祉法に基づいて保育を行うことになります。

 

ですから、保育園に通う子供達が、毎日安全に楽しく過ごす事のお手伝いだけが保育士の仕事ではありません。

 

子供達が元気で穏やかに成長していけるように、保護者に代わって色々な事を教えてあげたり、愛情を注いであげる事が必要になってきます。

 

保護者から大切なお子さん達の命を託され、養育も任されているのですから、その職務はとても重要です。

 

 

 


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ